これで安心!乗車時の快眠の取り方

快眠グッズを活用する

普段寝ている環境とは大きく異なるため、なかなか寝付けないという人も多い夜行バス。しかし、乗車する前に少し準備をしておくだけで、実は快眠を取ることも可能です。夜行バスで寝付けない理由としてよくあげられるのが、周囲の音や光、臭い。これらには、耳栓やイヤホン、アイマスク、マスクで対策することができます。最近では、100円ショップにも様々な種類のものが置いてあるので、自分のお気に入りを見つけましょう。また、夜行バスでは、ほとんど座ったままの状態で寝なければならない場合もあります。そのような姿勢で寝ていると、首が痛くなってくる人も多いですよね。そこで活躍するのが首枕です。ビーズが入っているものや、空気を抜いてコンパクトにできるものなど色々あるので、自分に合うものを探してみて下さい。

グッズ以外にできる工夫

グッズ以外にも、快眠を取るコツはまだまだあります。1つ目は服装です。スキニージーンズなどのあまりにタイトな服は、体の血行が悪くなってしまうので寝る際には向いていません。できるだけ体を締めつけるような服は避け、ゆったりとしたリラックスできる服装をしていくようにしましょう。冷暖房が効き過ぎている場合もあるので、着脱のしやすい格好がおすすめです。2つ目は体勢です。大抵の場合、座席はスペースが狭いので身動きが取りにくいかもしれませんが、自分が寝付きやすい体勢を見つけるということも快眠のポイントです。夜行バスに慣れておらず、中々寝付けないという人は、時々姿勢を変えてリラックスできる体勢を探ってみましょう。また、腰が浮いた状態で寝ていると痛くなってくることもありますよね。そのような時は、タオルや座席に置いてあるブランケットなどを丸めて隙間に入れると、かなり楽になるので、ぜひ試してみて下さい。