なるほど!夜行バスの楽しみ方

各地のサービスエリアに降りられる!

夜行バスは長距離移動になるので、2時間に1回ぐらいの頻度でサービスエリアに立ち寄っての休憩があります。1回につき15分~20分程の休憩です。休憩時間にバスから降りるのが面倒に感じる方もいるかもしれませんが、せっかくなのでサービスエリアを楽しみましょう。また座ったまま眠るのは案外疲れが溜まるものですので、一度降りて新鮮な空気を吸ってストレッチをすることをおすすめします。
サービスエリアは、その土地の特産品が並べられていて見て回るのも楽しいです。最終目的地だけでなく、途中のサービスエリアでもお土産を買えるのはお得な気がします。小腹が減った時にご当地グルメを食べるのも良いですね。限られた時間ですが、お店を見るだけでも気分転換になり楽しめます。

早朝の到着で有意義にスタート!

夜行バスは、旅先に朝早く到着する場合が多く、すぐに行動できるのが便利です。到着地でまず温泉に入って少しゆったりしてから行動すれば有意義な旅になりそうです。とはいえ早朝すぎると開店前のお店が多いので、到着前にスマホなどで24時間営業の温泉施設などを探しておくと良いでしょう。もしくは知らない土地での早朝散歩も気持ちよさそうです。ぶらぶらと歩いているうちに、ネットにも載っていないような喫茶店を発見し、そこでモーニングをいただくことができるかもしれません。
早起きして行動するのは大変ですが、夜行バスなら着いたときにもう早起きしている状態なので、そこからの一日が長く感じられそうです。せっかくの旅行なので早朝から有意義に時間を使えるのはうれしいですね。